血行不良の3大原因を知っておく

血行不足を改善するには、まず原因になっている生活習慣を把握して、いい方向へと改善する心がけから始まります。

日頃体を動かす習慣が無かったり、野菜やタンパク質の不足には思い当たりませんか?
原因を把握するために、血行不良になりやすい原因のトップスリーをまずは知っておきましょう。

筋肉が少なく運動量も少ない

体全体に血の巡りを行き渡らせているのは、筋肉がポンプ的な役割を果たしているお陰です。
其の筋肉が発達していないかぎり、血の巡りが根本的に良くなることもありません。

血行を改善するだけなら、軽いレベルの体操やストレッチから毎日体を動かす癖を作るだけでもOKです。
できれば、散歩やダンスなど全身をまんべんなく動かし、空気をいっぱい吸い込みながらの有酸素系のエクササイズや運動なら、更に効果が高くなるでしょう。

きつすぎるトレーニングでは習慣にしづらいので、楽しく毎日実践しても無理のないエクササイズを選んでください。
短期集中ではすぐに筋肉がおちてしまいますし、長期間続けるのを前提に習慣にできそうな運動はないか?と探してみてください。

ストレスが血の巡りを悪くしている

慢性的なストレスによって、血行が阻害されているケースもよく見られます。
ストレスを感じる脳の神経から、全身に延長する神経が影響され、血管の収縮にも不調が出てくるのです。

精神的な不調は血管を縮こまらせて、血流の通りが悪くなってしまうのです。
これを改善するには、直接的に血管に働きかけるマッサージが最適です。

特に、血管が集中している脇や首の周辺、ふくらはぎあたりは優先的にマッサージしておきたい箇所になります。
マッサージは血流の巡りを良くするのにとどまらず、老廃物の代謝を促すデトックスにもつながるので、見た目がすぐにすっきりするメリットも有ります。

食生活に偏りがある

運動やマッサージで外側から血管に刺激を与えるだけでなく、内側からの栄養管理によって血管の健康管理も欠かせない両輪となっています。
特に、血管の若々しさをキープしてくれるビタミン類は、毎日十分な量を摂取できていなければなりません。

体に良い必須栄養素を摂ると同時に、体に悪いインスタントや外食を減らしていきましょう。
タンパク源ももちろん必須ですが、脂質の少ないお肉や魚を選んでください。
普段の食事から必要な栄養素がまかないきれない場合には、手作りのお総裁やサプリメントも適宜活用して、少しでも栄養面の改善を図ってください。